メディア掲載

番組出演

TV阿波の番組「いきしな」に、禅の達人ZENTATSUが出演しました。

徳島県美馬市にある築150年の古民家「もり邸」で開催した禅の体験会が阿波TVの番組「いきしな」にて放映されました。

もり邸は、徳島県が推進しているテレワーク事業の拠点となるサテライトオフィスの一つとして運営されており、今回はもり邸のミーティング・イベントスペースをお借りして禅の体験会を開催いたしました。

禅の体験会では、はじめに参加者が今抱えている課題・問題をお聞きし、なぜ人は思い悩み苦しむのか?その苦しみから脱するにはどのようにすればいいのか?その仕組みをわかりやすく解説しました。

その後、参加者の皆様に実際に禅を体験していただいたのですが、体験後は「気持ちが軽くなった」「頭がスッキリした」「簡単なので毎日やりたい」といった感想を頂きました。

今後は禅エンターテイメント【禅タメ】として、より多くの人に楽しく禅を体験していただく場を提供して参ります。

禅を体験した方々が心安らかな日々を過ごせますように
感謝(合掌)

新聞掲載

徳島新聞(10月30日)に掲載されました

2017年10月30日の徳島新聞に掲載されました

徳島県美馬市にて実施した地域活性イベントの内容が徳島新聞に掲載されました。

美馬市在住の音楽ユニット「ユユ・ウィズ・エリリ」をゲストに迎え、音楽と禅のコラボイベントを実施しまいた。

ライブで盛り上がったあと、「立禅」という珍しい禅を体験していただき心の落ち着きを体験していただきました。

禅の達人

西田尚司

禅を人生の難題解決に活用する仕組みを世界一分かりやすく伝える禅の達人ZENTATSU。
禅(座禅)を宗教としてではなく、日本文化として、地域活性の観光メニュー(体験プログラム)にしてテレビ・ラジオ・新聞などで話題になる。
禅の教えをビジネスで活用する「禅・マネジメント」の研究成果は企業研修や経営者の課題解決に貢献している。

1987年~1991年
青年海外協力隊員としてアフリカのセネガル共和国で4年間、農業指導(農村開発・農業学校の校長)を担う。
帰国直前に、マラリア(熱病)を患い、人生最大のピンチ:生命の危機におちいるも、奇跡の生還を体験したことを機に、禅や東洋医学の研究をはじめる。
2000年
日本赤十字社の赤十字語学奉仕団(会員120名)の委員長に就任。
2012年
一般社団法人癒愛道を設立。
2017年
徳島県美馬市の地方創生事業を開始する。
2018年
国際ナイトタイムエコノミー協会を設立。理事に就任。